メール配信、代行に頼む際のメリット・デメリットは?

メール配信の代行はこんなに便利!

最近は、顧客とメールでやり取りする事が多くなっていますよね。これが結構な業務の負担になり、困っているという企業も多いのではないでしょうか。こういった業務の負担を減らせるのが、メール配信の代行サービスです。
今まで社員で一通一通返していたメールを、全て業者が代わりに送ってくれます。どういった内容を送るのか、誰に送るのかを依頼しておけば、指定したタイミングでメール送信してもらえるので、作業効率も上がりますよ。
メール配信といっても、ただメールを書けば良いというわけではありません。文章を校正したり、送信エラーがないかチェックしたり、色々と作業がありますよね。こういった事も、全て任せる事ができる便利なサービスですよ。

メール配信を代行する事はデメリットもある?

メール配信を代行するデメリットですが、まずは費用が掛かるという事ですね。当たり前の事ですが、代行を依頼するという事は、それだけ費用が掛かるという事なので、しっかり費用対効果を考える必要があります。業者によって料金は変わりますが、メールの送信先が少ない場合、割高になってしまう事が多いです。場合によっては、社員にやらせた方が良いという事もあるので、注意してくださいね。
こういったデメリットはもちろんありますが、やはりメール配信の業務を代行できるというのは、非常に便利ですよね。規模などを考えて、上手に代行サービスを利用すれば、業務の効率化も図れます。自社で行う手間や時間と、依頼する費用のバランスを考えて、代行を依頼するか考えましょう。

メール配信APIでは、配信予約機能や配信状況確認、開封率の把握など、様々な機能が備わっており、大量のメール配信を効率よく行えます。

© Copyright Substitution Service. All Rights Reserved.